前へ
次へ

10代におすすめのベースメイク

10代はスッピンでもキレイな肌をしているので、本来であればファンデーションを塗る必要はないでしょう。
ですが、10代は皮脂分泌が過剰な時期でもあるので、てかりを抑えるためにベースメイクをするのがおすすめです。
本来、キレイな肌をしている10代のうちはカバー力の高いファンデーションではなく、フェイスパウダーで整える程度で十分と言えます。
ただフェイスパウダーは肌への密着度が弱いので、事前に日焼け止めや化粧下地を塗っておきましょう。
下地を作っておくことで、次に塗るフェイスパウダーが落ち難くなります。
また、皮脂を吸着する成分を配合してある化粧下地を選べば、てかり予防にも繋がるのでおすすめです。
さらに、日焼け止めや紫外線対策硬化のある化粧下地を塗ることで、日焼けを防止する効果も得られます。
10代でシミに悩むことはほとんどありませんが、若い時期に紫外線対策をしっかりすることが、20代・30代以降の肌に影響してきます。

Page Top